那子さんのこと

でびるず唯一の癒し系っていえば
その名は「那子(なこ)」

2018年11月12日で11歳に...

とある事情により写真がない...
(とある事情はいずれまた公開)

ここからは記録として。

我が家にきて初めて「下痢P」したのが
誕生日ちょっと前。

そして1年の月日が過ぎ...
(文章にすると、たった1行なのか)

2019年11月12日
元気に12歳のお誕生日!

12yo.jpg

普通の(ここ重要)29ケーキに
那子カラーのベリー3種盛り。

プラッキングしているからね
口まわりがいい感じでしょー

12yo2.jpg

でびるず記念撮影!
なんで全員真顔なのよ...

P1080700.jpg

ついでに親子写真!
(ジュが不機嫌で撤収のため)

P1080705.jpg

11月26日

朝の散歩で下痢P
1年ぶり。

一緒に散歩していたヒロさんと
「この下痢PはN先生行きだな」

帰宅後、早速かかりつけ獣医とこへGO!
(ワタシにはかかりつけ医がいない)

いつも混んでいるから車内で待ちます。
下痢Pだけれど元気な那子顔。

12yo3.jpg

診察。
丁寧な触診。

冷静なN獣医師。
ハンサムな顔はそのまま。
(クールで素敵な獣医師なのよー)

「エコー撮ろうか」

結果。

「肝臓に腫瘍があるね。
 A先生のとこ、行って」

そのまま腫瘍の専門医にGo!

このとき、「腫瘍が嘘であってほしい」とは
これっぽっちも思わなかったワタシ。

なぜなら、N獣医師の見解だから。
N獣医師の見立てはほぼ間違いない。

そのとおり。
腫瘍専門医A獣医師から

「肝臓に腫瘍あり。要手術です」

A獣医師はジュの脾臓腫瘍で摘出しているし
てぃだも腫瘍の疑いから検査したことあり。

ワタシ即答。

「手術できるならお願いします」

12歳の那子さん、待ったなし。
肝臓の腫瘍が近くの臓器を圧迫。

こういうとき思う。

ワタシは独身だから
(別に好きで独身なわけじゃないのよー)
ひとりで決断するだけ。

決断するのはいい。
家族いるヒトやパートナーいるヒトもする。

でも、ひとりで抱えるなんとも言えない気持ち。
ふたりだったら、3人だったら、ちょっと減るのかなぁ。

そんなこと考えてもどうしようもないわ。
だって現にひとりなんだからー。

ただ1つ問題。

貧血気味の那子さん。
手術には輸血が必要。

血液型が日本には少ないマイナス。
A獣医師のお抱えわんこにマイナス不在。

帰りの車で那子さんを見ると...
いつもと変わらない顔。

ありがとう。

12yo4.jpg

さて、どうしようか。

そんなとき、近所のヒロさんと、
水沢ドッグラン ワンポートのオーナーが
LINEで呼びかけてくださることに!

そう、ワタシはひとりじゃないんだよ!
家族もパートナーもいないけれど
素晴らしい友達がいるんだよ!

呼びかけに最初に応じてくれたハクくん。
1歳のディスクドッグ!
(今、大会で大活躍だよ!)

検査の結果「ハクくん、マイナスです!」

手術12月6日に決定。
当日朝、ハクくんに来てもらって採血。

ありがとう、ハクくん。
そして快く引き受けてくださったオーナーさん。
本当に心からの感謝。

P1080866.jpg

あとはA獣医師にお任せするしかない。

「信頼しています。
よろしくお願いします」

それしか言えない。
そして、それが本音。

まず1回目の輸血。
13時から手術開始。
(職場で朗報を待つしかない)

18時半。
A獣医師から連絡。

「まだ麻酔から覚めないんです。
今日は私も病院に泊まります」

それだけ心配ってことなんだよね。

翌日お昼ごろ。
A獣医師から連絡。

「夜遅くに麻酔から覚めました。
なんと今朝はしっかりごはん食べました」

夕方面会に。
ちょっとブルーな那子さん。

よく頑張ったね。
ほめちぎりました。

P1080873.jpg

A獣医師から詳しい説明。

「腫瘍は病理検査に回しました。
肝臓と胆嚢の腫瘍を切除しました」

その後、下痢が止まらず、2週間入院。
病理検査の結果、A獣医師もビックリの

「肝臓の腫瘍は良性。悪性としか見えなかったが」

胆嚢の腫瘍は悪性。
取って良かった。

12歳という年齢。
術後はあまり良くなかったけれど
2020年を全員で迎えられたことに感謝。

その後、心臓疾患が判明。
急激に悪化した理由として、

「肝臓に集まっていた血液がいっきに流れ
もともと少し悪かった心臓に負担がかかったかも」

2020年11月12日
13歳のお誕生日元気に迎えました。

P1110385.jpg

かぶりつきっ!

P1110398.jpg

相変わらずマイペース。
相変わらず唯一の癒し系。

12月の検査で重度の心疾患と。
でも薬と療法食とマイペースな日々で元気。

極寒の真冬も乗り切ったようで。
ジュと一緒に散歩の毎日。
(夜明けが早くなり嬉しい毎日)

P1120059.jpg

飛び越えようとしてタイミング逃して
フリーズ(笑)
よせばいいのに...

P1120068.jpg

茶犬地域に最初の春が来た日。
(まずは梅が咲き始めて春を感じる)

P1120064.jpg

梅満開。

P1120099.jpg

暖かくなって庭に出る時間が増えて
息子やお嫁さんと遊ぶことも。


P1120150.jpg

今日は茶犬地域に本格的春到来。
(桜開花で春本番が我が家の定義)

P1120271.jpg

P1120277.jpg

庭で大好きな縁側下遊び(笑)

P1120284.jpg

たくさんの友達に助けられ、守られて
こうして今日も元気な那子さん。

13歳。
目が見えにくかったり、
耳が聞こえにくかったり、
そんなこともあるけれど。

食欲旺盛。
鳥だー!猫だー!と騒ぎ(笑)

「心臓悪いからなるべく安静に」
なんて獣医師たちは言わない。

「テリアに安静は無理でしょ」って(笑)

友達に感謝。
獣医師たちに感謝。

そして那子さんとでびるすに感謝。

コメント

Miracle!

あらためて…那子さんの手術、本当に大変だったのね(;_;)
那子さんよく頑張ったね、まるこさんもお疲れさまでした。

12歳で大手術、手術することが出来てよかったね、乗り越えられて本当によかった。
それには信頼出来る先生と頼もしいご友人!輸血してくれたワンちゃん!
羨ましいぞーグンマー!(^。^)

でびるず一家はミラクル多いよね。
つくづく…あやかりたいわ〜(๑˃̵ᴗ˂̵)
まだコロナは落ち着かなそうだし、以前のような日常はしばらく無理そうだけど
とにかく笑って楽しくいきましょー🎶
そのうち会える日を楽しみにしてまぁーす。

☆kkhe_mama☆

那子さん手術の際はワタシの支えになってくださりほんっとに
ありがとうございましたー。
しかも!頂いたヒーターのおかげで回復早くて、今冬も痩せなかったよ。
信頼できる獣医師ふたりと輸血を申し出てくださったたくさんの方々、
そして全ての友人たちに心から感謝してもしきれないよ^。
ミラクルはこむぎちゃんからのプレゼントだよー!
こむぎちゃんミラクル多かったものね♪
また会える日を笑顔で首をなが~くして待っています(笑)

非公開コメント

プロフィール

まるこ

Author:まるこ
陽気な江戸っ子。2013年から「ペット栄養管理士」犬猫の管理栄養士。
2012年5月8日住み慣れた南関東を離れ群馬県に移住。
国内・海外いくつかに在住経験あるも八重山と群馬がお気に入り。
相棒はノーフォークテリアのジュジュ・てぃだ・那子・琉花・はるお。
可愛い顔してやること悪魔の「でびるず」と過ごす日々や「イヌめし」のことを徒然なるままに...

*わたし 12月12日生
*ジュジュ2008年9月30日生
*てぃだ 2010年5月30日生
*那子  2007年11月12日生
*琉花  2015年8月4日生
*はるお 2018年8月28日生

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR